2019年1月27日日曜日

人手不足って

こんばんは、こうちゃんです。

http://blog.livedoor.jp/kekkongo/archives/1897190.html

今や空前の人手不足とのことですが、よく考えますと、そこまで景気がよくなっているわけでもない、少子高齢化と言っても長いスパンであって、一年二年で、じゃあ若い労働力が全滅したのか?
といってもそんなわけはない。

まあ、単純に、奴隷不足だと言ってるのでしょうね。

職の方が不足していた時代に、若者を低賃金でこき使い、どんどん壊していって、
鬱、自殺、生活保護、ニート、とせっかくの潜在的な戦力となる若い力、労働力候補をどんどん駆逐していった結果がこれでしょうよ。

今でもきちんと法令順守しながら、高い給料出せば誰でも来ると思いますよ。

経営者が社員の何倍も給料もらって肥え太りながら、テレビ見てコーヒー飲んで女子社員にセクハラしてるだけで過ごし、従業員はタダ同然でこき使おう、そんなこと考えるブラック企業ばかりになったから、どこも人手不足なのでしょうね。

まず自分の自由で仕事も金も選べる時点で、経営者なんてのは社内のだれよりも安い賃金で働くべきでしょう。
それがイヤならどこか会社勤めすればいいわけで、自由も欲しい、誰よりも金も欲しい、そんな横暴がまかり通るわけないでしょう。
そんな会社は、かたっぱしからつぶれてください。

燃えPaPa

2019年1月20日日曜日

社畜画像の数々

こんばんは、こうちゃんです。

世間で把握されている社畜の数々は、切ないくらいの画像でも紹介されておりまして、
ちょっとみなさんが正直に暴露するであろうつぶやきのtwitterからも、少しご紹介いたします。

どれも秀逸な切なさと社畜のひどさを表していて悲し過ぎる件。
ほんっとブラック企業は殺人罪以上の重罪に問うてくれませんかねえ。

こうちゃん

2019年1月15日火曜日

人の命は50万円

こんばんは、こうちゃんです。

またひどいニュースの続報が・・・

http://lifehack2ch.livedoor.biz/archives/51668432.html

過労死させた代償は、罰金50万円

は?

色々冗談かと思える結果ですけど、
まあ今までは、金持ってる企業が、社員をいくら殺しても、
マスコミがちょっと騒ぐだけで、法的にはいっつも無罪にしてたことを考えると、
会社の責任を認めた画期的な判決、とも言えるかもしれませんが。

あまりにも額が安すぎる!
過労死するほど社員をコキ使って上げた利益に対して、たったこれっぽっちの罰金じゃ、社員を雇っては死ぬまでコキ使って、利益を上げまくって、死んだらたったの50万円払って、はい次、って。
ちょっと意味がわからないんですけど。
人一人殺してるんですから、最低でも普通の人間の生涯賃金の想定の倍は当たり前、罰金は3億円以上、会社が払えなければ、経営陣は全財産没収、くらいしなくては見合わないでしょうに。

そもそも少子高齢化、労働力不足とか言うなら、
その若い世代をロスしないようなルールにしていけばいいのに・・・

まず、今回のように、
会社の責任で過労死、過労自殺させた場合、
直属上司と経営者の死刑、これは絶対でしょう。
そうしたら必死に上役は自殺者など出さないように気を配るでしょうし、
逆に、労働者側も本当に会社に恨みを持つほどひどい待遇にされたら、
せめて死ぬことで最期の復讐ができるわけで、
どう考えてもwinwinですよね。

そして、サービス残業や、タイムカード改ざんのような、
悪質な労基違反も、現在は罰則無しとかいうくだらない始末ですが、
経営者は10年以上の懲役、会社の全資金罰金、会社は必ず倒産くらいにすべきでしょう。

よく、そんな厳罰化したら、会社がつぶれうんぬん、という、くだらな過ぎる意見を出してる人もいますが、
単純に全ケース考えれば何も問題ないですよね。

労基を厳しくしたら会社が潰れry
→悪質な会社は潰せばいい、何も困らない

その会社の社員が困る
→ブラック会社が潰れれば、そこが不当に食っていたシェアが解放され、
 ホワイト会社が潤う、そして人手が必要になり、ホワイトな雇用が生まれる

ブラック経営者にも人権うんぬん
→ありません。そもそも社員の人権を奪って利益を得ていた悪党に、その報いを与えない現代社会こそ無法地帯そのものなので、実質大量殺人犯を野放しにしていたのを正しい裁きにかけるだけじゃないでしょうかね

少なくとも、ブラック会社養護する人間は、少なからず、ブラック会社のような仕組みで、自分が弱気人間から搾取する側に回りたいか、すでに回ってるかですよね。

まっとうな人間であるならば、労働者を人間らしくすることに何の反対があるのでしょうかね。

こうちゃん

2019年1月3日木曜日

新年のごあいさつ

新年あけましておめでとうございます。
こうちゃんです。

昨年中はお世話になりました。
昨年は徐々に世の企業のブラックっぷりを告発、紹介してきましたが、
本年もこれまで以上に精力的にがんばっていこうと思いますので、
どうかよろしくお願いいたします。
読む人に有益な情報が渡せるよう、罪のない人々が悪辣なブラック企業の被害に合わないよう、がんばります。

こうちゃん